おてろくQRコード
qrcode

スポンサーサイト

  • 2009/04/11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています








今年、天狗ヨガ@和居和居デッキに来てくださったみなさん、どうもありがとう!

あのなつかしのデッキのコタツを再現して、楽しい忘年会をしちゃいます。
会場は、新しくなったカフェスロー。

もちろん天狗ヨガタイムもありますよ〜〜!
寒さで身体がちぢこまってる方、冬におすすめのヨガもご紹介します。
ぜひ遊びに来てくださいね。


恒例!いのちを祝う望年ライブ VOl.2
     望年会だよ、全員集合!
 和居和居デッキ番外編@カフェスロー
       大好き!高尾山
  〜これまで いま そしてこれから〜



(写真 澤田佳子)


ただ、静かに、そこにある。
例えば植物なら1321種。昆虫なら5000種、野鳥なら150種。
たくさんたくさんのいのちを、ただ、静かに抱く。
尊くて、美しい山。

そんな高尾山のお腹に穴をあける圏央道建設。
豊かさとは? 共に生きるということは? 幸せとは?
たくさんたくさんのことを、ただ、静かに投げかけてきました。

これまで、いま、そしてこれからの道。
この年の瀬に、立ち止まり、想いを巡らせませんか?

ゲストには、はっとする楽しむ方法で、高尾山に寄り添いつながり、
守る活動を繰り広げ呼びかけている坂田昌子さん!
世の中をチャーミングにエコシフトさせていく
仕掛けつくり&応援するマエキタミヤコさん!!
高尾の自然の中で詩的空間を創り出す詩人、ウチダゴウさん!!!

和居和居デッキゆかりのアーティストによるライブ!
そしてDRUMAGIKの佐々木薫さんによる太鼓を介しての「共生」の体感。
その他にも、ライブペインティングや、ワークショップを開催予定。

舞台は、前代未聞の楽しい座り込み「和居和居デッキ」を再現!
コタツに茶菓子にみかんです。


(写真 澤田佳子)


年末です。
コタツにでも入りながら、良い音楽に身体をゆらしながら、
高尾のこと、いのちのこと、自然のこと、のんびり、ゆっくり、ぬくぬく、話します!

是非、呼ばれて下さい!!

-----------------------------------------------------------------

◆日時:12月28日(日)開場16:00/開演17:00(20:30〜21:00頃終了)
◆料金:前売:2000円/当日:2300円 /共に1drink付
◆出演:
【トーク】
・坂田昌子(虔十の会代表)
・マエキタミヤコ(サステナ代表)
・ウチダゴウ(詩人)

【ライブペインティング】
金子美保

【ヨガワークショップ】
中園順子(まるじゅん)

【音楽】
・ebisu(唄、ピアノ、ヴィオラ、ジャンベ、カリンバ)
・風義(ギター、唄)
・たどころ〜る(カリンバ、マリン缶)

【ドラムサークル】
佐々木薫(DRUMAGIK)

※他にもワークショップなど開催予定!

◆司会:澤田佳子(フリーライター/高尾ラブメッセンジャー)
◆予約申込み
・メール申込みフォーム
・電話…tel: 042-401-8505(火曜定休)
※下記項目をお知らせください。
-参加希望日とイベント名
-お名前(申込代表者)
-申込人数
-連絡先電話番号

◆出演者プロフィール:
【トーク】
・坂田昌子 
環境NGO・「虔十の会」代表。
夢がいっぱいのツリーハウスやいつも大人気のユニークイベントで、それまで環境活動家のイメージを一気に楽しくポップに変えちゃった人。高尾山の座り込みデッキに若い人たちが押し寄せたり、メジャーなメディアにガンガン取り上げられたりと、現在も大旋風を巻き起こし中。その素顔は、ナウシカのような熱い正義感と優しさと頭の良さを、抜群のノリと面白さで包み込んだとても素敵な女性。彼女が語る高尾山。今後、どんな作戦を立ててい
るのか?高尾山だけでなく国交省までも包み込む、その深い愛とポジティブなエネルギーに満ちている。

・マエキタミヤコ
コピーライター、クリエイティブディレクターとして、1997年よりNGOの広告に取り組み、2002年に広告メディアクリエイティブ「サステナ」を設立。「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーン実行委員。東京外国語大学Peace&Conflict Studies助教。立教大学21世紀デザイン研究科・上智大学非常勤講師。

・ウチダゴウ 
1983年広島生まれ。詩人として、高校時代より詩作・ポエトリーリーディングに取り組む。04年以降、ひとりひとりが声とことばをもつことを目指し、教育・環境・福祉・コミュニティなどさまざまな分野で、詩をツールにしたイベントやワークショップを主宰している。現在、NPO/NGOの広告制作サポートも。「詩の授業」世話人。本となかよくなるアクション「ブックパッカー」代表

【司会】
・澤田佳子(kco_sawada)
フリーライター。高尾ラブメッセンジャーキャンペーン呼びかけ人。フリーライター。JEPP(日本エコビレッジ推進プロジェクト)メンバー。森、農、食などをテーマに地球と共存する暮らしを求めて活動中。ツリーハウスの取材を通じて高尾山とケンジュウの会と出会い、活動に共感。行政代執行をきっかけに、政治の世界にも高尾の魅力を伝えたいと「高尾ラブメッセンジャーキャンペーン」を開始する。

【ライブペインティング】
・金子美保
2000年からTシャツのデザインを本業のかたわら、イベントのフライヤーなどの制作。2008年アースデイSHRI I LOVE TIBET Tシャツデザイン、SAVE TIBET NETWORK Tシャツデザイン、50人のチベット展に絵の展示、GiveThanksにて個展、グリーンアクションさいたまで沖縄の辺野古サポートのポストカードを制作。ご縁をつなぐかけ橋、マイ箸や果実酒などの出店も行う。自然と仲良しで、絵やもの作りや音楽でご縁を広げる。2009年は絵本発表の予定。

【ワークショップ】
・中園順子(まるじゅん)
アシュタンガ/ハタのアサナ(ポーズ)と呼吸のプラクティスをベースに、より幅広いヨガの世界に惹かれ気功、クラニオセイクラル、禅、東洋医学、パーマカルチャーなどを学ぶ。IYC(荻窪、九段下)産経学園(新宿、吉祥寺)などでクラス担当。ヨガ関係書籍の訳書多数。

【音楽】
・ebisu
人と自然がつながる音を目指し、音で遊び回る三人組。入江規夫(うた、ジャンベ、カリンバ)、川本真理(ピアノ、ピアニカ)、トビウオリアキ(ヴィオラ)奄美大島に古くから伝わる島唄や即興的なオリジナル曲、その場にある気を大切にひとつひとつの音を紡ぐ。その音は人と自然が共にあったことを思い起こさせるアニミズムミュージック。風、大地、水、太陽、月、人、つながりに思いをはせ、生きた音に祈り込め響き奏でる。
2006年夏に入江規夫と川本真理の二人でヱビス結成。
2007年夏にトビウオリアキが加わり、さらに音の奥行きが増す。

・風義(ギター・唄)
小笠原へ旅をしたことがきっかけで地球環境へ深く関心を持つようになり、永続可能な生き方、人間としてのあり方を模索し、衣食住、エネルギーなどの自給を目指し、学びはじめる。出来る限りの非電化生活を愉しみつつ、「半農半シンガーソングライター」を目ざし、愉しく進化するエコロジー、人の繋がりを祈りつつ歌っている。

・たどころ〜る(民族楽器カリンバ)
民族楽器カリンバ、BASS,マリン缶演奏者。
野外イベント、レイヴ、環境イベント、富士山や鍾乳洞、洞窟での奉納演奏など、多方面で、その想いを発信し続けている。去年、肺ガンによるイノチの旅を経験。演奏と共に、免疫や呼吸に関するトークやシェアリングイベントも精力的に行っている。

【ドラムサークル】
・佐々木薫
ドラムサークルの父」アーサー・ハル」に師事、アジア唯一のアドバンストレーニング修了者。国際DCファシリテーター協会(DCFG)認定、Village Music Circles公認。フェスティバル、福 祉・教育、企業研修等でのドラムサークルの実施と、ファシリテーター養成にあたる。女性アフリカンドラムバンド「Sumbara Banana」メンバーでもある。著書に『ファシリテーターの「在り方」 エンパワーメント・ドラムサークル』(ATN、2008)他。


◆主催:高尾を愛するひとたち、カフェスロー
◆共催:虔十の会

(文:まるじゅん@おてろく)








スポンサーサイト

  • 2009/04/11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -








Comments









Trackbacks