おてろくQRコード
qrcode

スポンサーサイト

  • 2009/04/11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています








天狗

わずかここ数十年で、
豊かな緑が砂漠化してしまった場所が地球上には無数にあります。
土地の植生は気候を変えてしまい、また、気候は植生を変えてしまうのですね。

東京に住む私たちがまだまだうるおいの中でシアワセに暮らせているのは、
東京を取り囲む山や森の存在がどれほど大きいことでしょう。

そんな「東京にもっとも近い」うるおい豊かな山と言えば?
今回は、おてろくキャラのおてウサギやおてタヌキたちのふるさと、
高尾山
のお話です。


面白いことに、この山は、
日本人よりも、東京に住む外国人や海外からの旅行者に絶大な人気があります。

みなさんの中にも、外国人の友だちに「今週末、高尾山に行こうよ!」
と言われたことがある方がいらっしゃるんじゃないでしょうか。

あまり知られていませんが、
高尾山は植生・生態系の豊かさにおいて世界有数の水の恵みの山。
フランス・ミシュラン社の旅行ガイドブックでは、
3つ星の最高評価がついている憧れの名山なのです。

都心にほど近い小さな高尾山には、
イギリス全土の植物をすべて合わせたのとほぼ同数の種類の植物が生育。

国内の委員会では世界遺産の候補に挙がったほどの野鳥や昆虫たちの楽園でもあり、
その生態系をささえているのは高尾の森のすばらしい保水力です。

山はつねに豊かに水を貯え、都会の便利さを享受する私たちにも、
すばらしい湧き水と地下水を供給してくれています。

その自然の驚くべき恵みのシステム、絶妙なバランスにとって脅威ともいえるのが、
高尾山にトンネルを開ける計画です。

トンネルが掘られることによって、
高尾山の生態系と保水力は取り返しのつかないダメージを受け、
東京は砂漠化へと向け、大きな一歩を踏み出すことになります。


昔の人は、山には天狗や神様が住むと考え、
その不思議な力を畏れ、大切に守ってきました。
それは非科学的な愚かさでしょうか。

いいえ、自分たちの根っこ、
いのちの源を直感的に見抜いた素晴らしい賢さだったのでは?

おてろく的にいうと、お釈迦さまが不殺生を説き、
すべてのいのちとのつながりに思いを馳せることを教えてくれたのと
同様の叡智だったのではないかな、と思います。


今週末の1/27(日)は、八王子市長選だそうです。
候補の一人、長年高尾山の自然を守る活動を続けてきた橋本さんは、
トンネル工事の中止、圏央道の迂回を目指して立ち上がりました。

もう一人の候補、現職市長の黒須さんは、
トンネル工事の推進、圏央道の早期完成を目指しているのだそうです。

まさに「いのちと環境」がテーマの一騎打ち。
お2人はその他の政策でも好対照です。

黒須さん:トラックターミナル構想などの物流拠点の新設や、駅前の大型開発で、経済を活性化させよう!

橋本さん:環境に配慮した企業誘致や、地元農業・商店街を重視した地産地消・地域通貨で、経済を活性化させよう!

黒須さん:都立八王子小児病院を廃止しよう!

橋本さん:子供の医療体制は重要!絶対存続しよう!


わかりやすい見事なコントラストで、投票する側にとってはありがたいですね。


この市長選で、高尾山の運命が決まってしまうこともあって
坂本龍一、サエキけんぞう、川田龍平、大貫妙子、永六輔など
まだまだ多数の著名人
が、橋本さんを応援しています。

どちらが市長になるかで、八王子の市政は、180度ちがってきます。
おてろくスタッフの中にも八王子市民が何人かいて、
「今度こそ(笑)ぜったい選挙に行かなくっちゃ!」とはりきっています。


先日、まったく同じような「いのちと環境がテーマの一騎打ち選挙」が
葉山町(神奈川県)、そして原発のお膝元・東海村(茨城県)でもあったそうです。

勝利を収めたのはいずれも(大方の予想を裏切り)、
「いのちと環境」重視派の候補だったそうです。


政治のコトって、なんとなく話題にするのもタブー、みたいな空気が、
日本人の間にはありますよね。
私自身も、こうやっておてろくブログに書いて、
みなさんにどう受けとめられるかな?ってちょっぴりドキドキ。

でも、環境政策や、いのちを大切にする施策が
キチッととられているヨーロッパの国々の人々と話していると、
だれもが「それでキミはどう考えるの?」
日常の雑談で政治にまつわる意見も、自然にフツーに交換し合っています。

たとえば六ラプを見て、たとえば高尾山のことを知って、
正しい手続きで現実を変えていこうと思ったら、
たしかに「政治」がわたしたちにとっていちばんの近道。

これからはもしかして、日本の空気も変わってゆくかな?


どんな未来を望むとしても、
まずは、知ること。考えること。行動すること。
ひとりひとりの小さな勇気が、確実にいい手応えへとつながり、
そのヨロコビが、また次への勇気をくれるんだなあ、と思います。

足元から確実に、わたしたちの願いはカタチになっていくはず。

ではでは、みなさまにとって、ステキな週末になりますように!

(文:まるじゅん/絵:なつこ @おてろく)








スポンサーサイト

  • 2009/04/11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -








Comments









Trackbacks