おてろくQRコード
qrcode

スポンサーサイト

  • 2009/04/11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています








うーむ。魔女とはこういう人のことを言うのかも。

薬草と微生物を自在に操り、自宅には大きな機織り機。

毎朝夜明け前に起きて2時間みっちりハードなヨガ。

そのストイックな生活ぶりとは裏腹に、 Marichさんのセラピーはひたすら優しい。

いや、そうやって常に心身を研ぎ澄ましているからこそ、施術を受ける側のコンディションの微細な変化も見逃さず、受け手はその絶妙なゴッデスハンドに我が身を100%委ねることができるのでしょう。

筆者も体験させていただきました。タイ古式マッサージに、オイルマッサージ。

痛かったりするのかな?と思いきや、あまりの心地よさにへろへろに脱力〜。

タイ古式マッサージは2人ヨガともいわれ、アクロバティックなポーズを連想する人も多いけど、 Marichさんがいちばん大切にしてくれるのは、施術を受ける側のリラックス。

たとえば足裏マッサージでも痛みを感じれば人は緊張し、呼吸は浅くなってしまいます。

こっちの反応や弱点(笑)をしっかり見極め、タッチを自由自在にアレンジしてくれる「魔女の手」のおかげで、眠りと覚醒のちょうど中間地点をさまよい続ける至福の時間でした〜。

最後に「では起き上がってください」って言われた瞬間だけ、「ぜったいやだ!」と思ってしまいましたが(笑)

もちろん、ルーシーダットンも体験いたしました。

ヨガっぽくもあり、空手の型の稽古みたいでもあり、ちょっとひょうきんな表情のポーズもあってやみつきです。

身体の強さややわらかさに関係なく、誰もが楽しくできるところが、さすが「お釈迦さま系のヨガ」。

終わったあとは心身ともにスッキリ。思わず坐禅でも組んでみようかな?という気になっちゃいました。

極楽ルーシーダットンを体験したい方、魔女Marichさんに一目会ってみたい方はぜひ、1月19日のおてろくイベントをお楽しみに!

★Marich(マリーチ)さんのブログはこちら


◎Marich(マリーチ)さんプロフィール
日本タイマッサージ協会認定セラピスト。 仏教寺院ワットポー(タイ/バンコク)付属マッサージスクールにてタイ古式マッサージ・コース、アロマ・オイル・マッサージ・コースを修了。現在都内のスパと自宅にてタイ古式療法を施術中。自らはヨガ歴7年、ダイナミックなアシュタンガヨガを日々修行する実践派ボディワーカー。








スポンサーサイト

  • 2009/04/11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -








Comments









Trackbacks