おてろくQRコード
qrcode

スポンサーサイト

  • 2009/04/11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています








東京は花吹雪。

春はわたしたちの顔をほころばせるだけでなく、
冬の間に蓄えた脂肪や毒素を洗い流してくれる浄化の季節。

春の味覚といえば、ふきのとうをはじめとするさまざまな野草たち。
そのほろ苦い味は、冬眠からさめた動物たちや、
春の気配にワクワクしはじめたわたしたちの身体の中を清めてくれる、
解毒の力をもっています。

やせたい人は、この季節がチャンス。
今の時期、夏に向けて、身体は余分なモノを捨てたがっているので、
ちょっと生活に気をつけるだけで、大きな効果を得ることができるでしょう。


さて、おてろくから早3ヶ月がすぎました。
おてろく会場でおなじみの美しいお寺、青松寺さまは、
いま " target="_blank">花まつりのにぎわいを迎えています。

花まつりは、お釈迦さまの誕生日を祝うお祭りです。
仏教系の幼稚園などを出た方にとっては、なつかしいお祭りのようですね。

日本では、なぜかキリストの誕生日を祝うクリスマスの方がメジャーですが、
今年は、いのちのつながりに感謝する花まつりをお祝いしませんか?

** お釈迦さまのことば ************************

 木や草や山や川がそこにあるように、
 人も自然の中に生まれたからには、
 ちゃんと意味を持って生きている。
 あらゆるものとの繋がりをもって。
 広い世界の繋がりの中で、誰もが必ず大切な役目をしているのだ。
 人に動かされている自分、
 自分が動かしている誰か、
 それに気づいた時、悟りは初めて光となり、言葉は初めて人を動かす。
 ほら、目を見開いて見渡せば、世界は今日もこんなに美しい。
 どのいのちも、どのいのちも、皆光り輝いている。

*************************************

この週末の青松寺さまでは、ライブや和風ミュージカル(!?)など、
催物が盛りだくさん。
おてろく同様、一日を素敵なお寺で楽しく過ごすチャンスです。

予約不要&無料です。ぜひ足を運んでみてくださいね。


また、青松寺さまでは、4月20日(日)より、仏教リフレッシュ塾が開講します。

仏教に興味があって、生活の中で深めてみたいなあ、と思っていらっしゃる方、
今の自分の毎日や、社会の問題点に対して、
お釈迦さまの視点がなにをもたらしてくれるのか知りたい方、
具体的な学びがたくさんありそうです。

第一回のゲストは、北朝鮮拉致被害者の会の横田さんご夫妻。

興味深いことに、横田さんご夫妻は仏教徒ではなく、キリスト教徒なのだそうです。

あらゆる宗教は、
わたしたちすべてのいのちがより輝き、迷いなく進んでいけるための智慧であり、
枝葉を取り去っていけば、同じ本質が残るのだということを教えてくれます。

仏教リフレッシュ塾は要予約/500円です。

(文:まるじゅん@おてろく)








山門の四天王に迎えられ境内に入ると、都市の真ん中にあるとは
思えないほどの静けさに驚きます。
そして聞こえるのは境内を流れる水の音や小鳥のさえずり。

まさに都心のオアシスのような場所!ですが両サイドに近代的な高層ビル。
でも青松寺と隣接していることにちなんで、仏教で極楽を象徴する
ハスの花を模したつぼみのような外観デザインになっているそう!
どうりであまり圧迫感がないのですね〜。納得!


さて、荘厳な本堂も立派ながら、座禅堂や観音聖堂も人目を引きます。
座禅堂では定期的に座禅会が行われ、周囲のサラリーマンの方々も
会社帰りに訪れるそう。



観音聖堂では結婚式も行われています。
お寺ならではの、清々しい結婚式になりそうですね^^



また、青松寺様は「仏教ルネッサンス塾」という講演を行ったり(現在は休講中)、
「宿泊参禅会」で修行を丸ごと経験や「ボーズ・ビー・アンビシャス!!」
という僧侶のワークショップを行ったりと、新しい試みをされています。

なんだか気になってきた!
もっと知りたい!という方はこちら青松寺様ホームページへ。


普段はあまりお寺には行くきっかけがない〜、というあなたも
大晦日にお寺に足を運んでみるのもよいかも♪あたたまる甘酒も
振舞われるそうです〜^^
ちなみに除夜の鐘はどなたでも撞くことができるそうです。
今年の煩悩を祓い、新しい気持ちで新年を迎えましょう〜!

大晦日に行けない方は、1月19日のおてろくにいらっしゃるのも
なかなかオススメです(笑)




◎曹洞宗青松寺
住所:東京都港区愛宕2丁目4番7
電話:03−3431−3514
 *おてろくイベントのお問い合わせはしないでください。
  おてろくイベントの連絡先はこちら→tel: 080-6536-1370
   e-mail: otera6☆gmail.com(☆を@に替えてください)